結婚式当日の新婦のスケジュール

結婚式 スケジュール

結婚式 スケジュールについて

結婚式当日の新婦のスケジュール

画像

主役である新婦は結婚式当日、メイクや着替えのために始まる3時間ほど前には式場に入ります。
そこからヘアメイク、着替え、リハーサルなど大忙しで、緊張して間もないぐらいです。
しかし、ゲストが入り、控え室には新郎、そして新婦の父が準備します。
新郎が先に入場し、父とふたりっきりになると今までの感謝の気持ちが溢れ、ふだん言えない感謝の気持ちを口にしていざ、入場です。
ゲストに見守られながら歩くバージンロードは今までに感じたことのない感情でいっぱいになります。
人前式、教会式等それぞれの形式による挙式は30分ほどであっという間に終わります。
それから写真やブーケトス等を行い、次は披露宴会場へ入場です。
披露宴会場入場時には挙式とは違ったヘアチェンジを行う新婦も多く見られます。
雰囲気を変えて、披露宴のスタートです。
ここから乾杯やゲストからの挨拶をするとすぐにお色直しです。
お色直しをしている間には新郎新婦のなれそめの映像などが流れたり、ゲストは自由な時間を過ごします。
新郎新婦は着替えが終わると再入場し、キャンドルサービス等の演出をして盛り上げます。
そこから友人からの余興などがあり、最後には両親に向けての感謝の手紙などはありますが、結婚式は3時間ほどのスケジュールになりますが、主役の新婦にとってはあっという間の1日で、忘れられない1日になります。